◆「スッゲー楽しい大学」とは

「スッゲ~楽しい大学(たの大)」は、文部科学省に認定された学校法人ではありません。従って、開催する「ゼミ」の社会的な位置づけとしては、一般セミナーの分類に属します。
でも、ゼミの内容は大人でも満足できる、“人生の学び舎”となるものとしていきます。
ゼミに参加した人に、「講師の話を聞いて、やる気が出た」とか、「悩んでいたことを解決するヒントがあった」とか、言っていただけるような実効力の高いものを、講師とともに目指します。

具体的には、さまざまな講師たちに「たの大の企画力ゼミ」を開いていただき、“ゼロから何かを生み出す”企画力の鍛え方を教えてもらおうと考えています。

※もっとよい切り口やご意見がある方は「たの大」facebookページのウォールに書き込んでください!
>ウォールへ書き込む


↓たの大を面白いと感じたら「いいね!」を。


◆たの大ゼミのテーマ

~変化の時代を突き抜ける、創造力。~
あきらめていた閉塞状況を見つめ直し、壁を突き抜けるための創造力や意志の強さを持っていただけるような、キッカケづくりをしたい ―私たちはそう思います。


◆たの大ゼミの催行条件

たの大のゼミは、1回ごとの「特別ゼミ」です。このゼミは、最少催行人数の受講予約が集まった場合にのみ、開講されるものです。
つまり、開講されるかどうかは、受講生がカギを握っている「生徒が決めるゼミ」なのです。
ぜひ、ゼミが実現されるようご予約してください!


◆参加チケット制度

ゼミの参加予約は、参加チケットの販売を受け持つ提携通販サイト(ゼミごとに違います)でご購入いただくことになります。なお、お申込みにはクレジットカードが必要となります。


◆講義内容アンケート

経験や知識が豊富な講師にとっては、90分という時間は短いもの。制限時間の中で語ろうとすると、やはり絞りが必要となります。
そこで、講師が受講生や、受講を考えている方に、どんな内容を話したらよいか、事前アンケートをとる場合があります。
たの大のfacebookページに選択肢を並べる形で希望を募りますので、気に入った選択肢の「いいね!」ボタンを押してください。


◆講師も生徒が選ぶ?

左記の「特別ゼミ」は、すでに講師が開講することに同意したものです。将来、ゼミを開いてほしい講師の希望がございましたら、facebookページの「ウォール」に書き込みしてください。カリキュラム研究会で検討します。
>ウォールへ書き込む



情熱Director
メルマガ購読・解除
 


たの大 > 受講方法

『たの大』のゼミは、実施するかしないかを受講生が決めます。


学校法人のゼミにせよ、ふつうのセミナーにせよ、通常は開催の決定がされた後に参加者の募集をします。ですが、『たの大』は違います。ゼミの講師(この段階では候補ですね)を決めて参加者を募り、開講するのに必要な最少人数の予約が集まった時点で開講が決定する、通常とは逆の流れになっています。
受講をご検討いただいている皆さまにおかれましても、戸惑いはあるかと思いますが、新しいゼミの在り方として参加してください。なお、ゼミ講師の希望を募ることをしています(カリキュラム研究会)。

>「Home」で現在の募集ゼミを見る

ゼミ参加チケットのご購入は、チケット販売サイト『PeaTiX』で。


『たの大』の参加を希望される方は、このサイトの「home」からリンクされている、Orinoco株式会社の運営するチケット販売サイト『PeaTiX』でゼミの参加チケットを購入していただきます。
チケットのご購入は、購入申し込み数(予約販売)が、最少催行人数に到達した時点で成立し、到達しなければ成立しません(不成立の場合には全額払い戻しになります。詳しくは『PeaTiX』の利用規約をご覧ください)。
なお、購入(販売)が成立しなかった場合にはゼミも開講されませんので、ご予約をされる方は予めご了承ください。



▲チケット販売サイト『PeaTiX』のイメージ

世界中どこでもキャンパス。でも、ホームは新宿とお茶の水。


『たの大』のゼミは貸ホールやレンタルセミナー会場、学校法人の講堂などをお借りして行います。大げさに言えば、世界がキャンパスです。 とはいえ、メイン会場は設定しておくことにしています。メイン会場は、東京都新宿区にある「AP西新宿」と、お茶の水にある「損保会館」というコンベンションルームです。

◆コンベンションルーム・AP西新宿
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル5F・4F
※詳しくは、こちらをご覧ください。

◆損保会館
〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2-9
※アクセスマップは、こちらをご覧ください。


▲会場写真(左:AP西新宿ビル外観/中:損保会館ビル外観/右:AP西新宿ルーム例)

なぜココにしたのかといえば、まず人が集まりやすい東京23区内であること、アクセス(交通の便)がいいこと、コストパフォーマンスが高いこと、特にAP西新宿については利用経験者の満足度が高いことを重視しました。
この2つのコンベンションルームは、JRや地下鉄の駅から近く、駅からの道順も単純なので、とても便利です。

また、もしも泊まりがけで参加する方がいれば、日本旅行社が手配してくれるそうなので、こちらへご連絡ください。