◆「スッゲー楽しい大学」とは

「スッゲ~楽しい大学(たの大)」は、文部科学省に認定された学校法人ではありません。従って、開催する「ゼミ」の社会的な位置づけとしては、一般セミナーの分類に属します。
でも、ゼミの内容は大人でも満足できる、“人生の学び舎”となるものとしていきます。
ゼミに参加した人に、「講師の話を聞いて、やる気が出た」とか、「悩んでいたことを解決するヒントがあった」とか、言っていただけるような実効力の高いものを、講師とともに目指します。

具体的には、さまざまな講師たちに「たの大の企画力ゼミ」を開いていただき、“ゼロから何かを生み出す”企画力の鍛え方を教えてもらおうと考えています。

※もっとよい切り口やご意見がある方は「たの大」facebookページのウォールに書き込んでください!
>ウォールへ書き込む


↓たの大を面白いと感じたら「いいね!」を。


◆たの大ゼミのテーマ

~変化の時代を突き抜ける、創造力。~
あきらめていた閉塞状況を見つめ直し、壁を突き抜けるための創造力や意志の強さを持っていただけるような、キッカケづくりをしたい ―私たちはそう思います。


◆たの大ゼミの催行条件

たの大のゼミは、1回ごとの「特別ゼミ」です。このゼミは、最少催行人数の受講予約が集まった場合にのみ、開講されるものです。
つまり、開講されるかどうかは、受講生がカギを握っている「生徒が決めるゼミ」なのです。
ぜひ、ゼミが実現されるようご予約してください!


◆参加チケット制度

ゼミの参加予約は、参加チケットの販売を受け持つ提携通販サイト(ゼミごとに違います)でご購入いただくことになります。なお、お申込みにはクレジットカードが必要となります。


◆講義内容アンケート

経験や知識が豊富な講師にとっては、90分という時間は短いもの。制限時間の中で語ろうとすると、やはり絞りが必要となります。
そこで、講師が受講生や、受講を考えている方に、どんな内容を話したらよいか、事前アンケートをとる場合があります。
たの大のfacebookページに選択肢を並べる形で希望を募りますので、気に入った選択肢の「いいね!」ボタンを押してください。


◆講師も生徒が選ぶ?

左記の「特別ゼミ」は、すでに講師が開講することに同意したものです。将来、ゼミを開いてほしい講師の希望がございましたら、facebookページの「ウォール」に書き込みしてください。カリキュラム研究会で検討します。
>ウォールへ書き込む



情熱Director
メルマガ購読・解除
 


たの大 > たの大とは?

『たの大』は、読んで字の如し、ものすご~く楽しい大学であります。


講義をするものと受けるものの間に、不必要な垣根は設けず、互いの「学び」に対する真摯な思いが激しくぶつかりあう事を評価する、全国的にも稀有な“学び舎”であります。
とはいうものの、文部科学省に認定された学校法人ではないため、一般的には「セミナー」として分類されたり、ちょっとわかりにくいかな?とも思いますので、まず『たの大』とは何ぞや?!ということをご理解いただくために、各学部で講義を頂く講師、教授の皆様にお渡しするお手紙をご紹介しましょう。


スッゲ~楽しい大学 講師の皆様へ (講師への手紙)


 戦国時代や幕末の激動期のリーダーたちは、「自分こそが、この荒涼たる時代の変革者たるもの」と自らの持つ才覚と叡智の全てをかけて人生を戦い抜きました。そのすさまじい生き様は、今も私たちの憧れです。
それは、現代に生きる人の多くが「どんなにがんばってもたかが知れている」、「ま、そこそこ。こんなもんさ、俺の人生」という鬱屈した、逃げ場のない状態、まさに閉塞状況のど真ん中にあるからではないでしょうか?

「スッゲ~楽しい大学」は、四面楚歌の若者、ビジネスマン、学生、お姉さまとありとあらゆる人たちに「スカッと、爽やかな心持になっていただく」大学です。 本大学は、「広く知識を授ける」「 専門の学芸を研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させる」そして「実行することの大切さ」を教える側、教わる側が一体となった“垣根のない学び舎”です。

時代の寵児として活躍してこられた仕掛け人、とんがり続けることを人生の命題に生きてきた方、楽しけりゃいいという遊び人、やりたい事をし続けて業界の神様と言われた人等たくさんの面白人、スグレモノ、バカモノに御話をきくことで、“境界”を突破していくことの楽しさ、面白さを生徒の皆さんに実感いただきたいと思っております。
「スッゲ~楽しい大学」は、逃げ場のない壁を突き破る“変化の時代を突き抜ける、創造力”をテーマにした大学です。御話をする人=講師も、聞いている人=生徒も一緒に楽しむこと、が“たの大”の本質です。

 「こんなことはやってはいけない。恥ずかしいこと」と言われてきた古い常識を突き破り、レールのない状況で新しい価値を創り出してきた、当代一流の仕掛け人の皆様方に、“なぜそれをやらねばならなかった”のか、その切羽詰まった状況、格好悪いかも知れないけど一番の本音の部分、また「ぜってぇやり切る」という使命感や裏にあった不安を御話いただき、「あれ、俺と同じだ!」と生徒の気持ちが前向くエピソードを紹介頂きたいと思います。
また「これだ!」と思ったことが、夢から現実になるまでの変化の過程(苦労)や、出来上がったときの達成感、そしてなにより夢の実現が人生にどんな影響を及ぼすのかを体験として語っていただきたいと思います。
『成功』の定義は人それぞれです。己の成功の尺度を個々「なんとなくイメージできれば」、本大学の第一課程は修了です。 講義のツールは自由です。時には歌や映像、ダンスこそが御話の真髄を伝える言葉となるのかもしれません。ただ、生徒との質疑応答などの対話は重視していただきたいと考えています。

また本大学の特色は、生徒が講師を選ぶところにあります。だからこそ、講師の先生は、「聞きたい」「会いたい」と生徒が恋い焦がれた皆様です。思い切り、その期待に添うのを良しとするか、裏切るが最高とするか…。講義の準備をされるにあたり、この手紙が「スッゲ~楽しい大学」のご理解に役立てば幸いです。
 90分1コマのゼミをぜひ、講師の方にも楽しんでいただきたく。よろしくお願いいたします。

「スッゲ~楽しい大学」学長 Dr.マロン


>「Home」で現在の募集ゼミを見る